So-net無料ブログ作成

イタリアワイン/カサーレ・ヴェッキオはいつでも酔える相棒! [イタリア]

みなさんボナセーラ!(こんばんは)

さてさて、今回はこちらの
イタリア【カサーレ・ヴェッキオ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ 2014】

10221714_4ea27b6d75424.jpg

一世を風靡したワイン漫画「神の雫」でも紹介されて
話題を呼んだワインですが、久しぶりに飲んでみました。

非常にとっつきやすく、いつ飲んでも硬いとか
渋いとか、赤でよくあるマイナス要素がなく
高いパフォーマンスを発揮してくれます。
てか、これでいまだに2000円台前半ってマジ破格です。
小生、ダース買いしたほどです。。。
(それでも3万円いかない。。。)
他に似たようなコスパだと、ヨーリオとかかなぁ。。

フランスでいうと、ボルドー右岸のメルローのような柔らかさとか
ローヌのスパイシーさとか、わかりやすいニュアンスが
含まれている感じ。
元々、イタリアの代表品種であるサンジョベーゼから派生した
ブドウが原料とされていますので、こういった印象を受けるのかなと。
(それ以上に、既に個性が確立している品種でありますが)

P1050425.JPG

うーん、深いルビー色です。
香りは、ひとことでいえば華やか!
誰が飲んでも、初見では“えっ! おいしい”と
驚くようなワクワク感があります。
(悪く言えば、わかりやすすぎるワインでもありますが。。。)


パワーがあるのでワインオンリーで飲むぶんにも
しっかり楽しめますが、今回はアツアツラグーソースの
パスタと合わせました。
かなりベーシックなマリアージュですが、
王道ってやはりイイ!
ビールとギョーザ、お刺身と日本酒的な
スベらない合わせなわけでございます!

IMG_3222.JPG

イタリアワインは、こういったパワフルで
華やかな陽性のワインが多いと言われていますが、
アブルッツォ州で作られるモンテプルチアーノという
ブドウ品種は、特にその傾向が強いように思います。
(このくらいの価格帯でより顕著と感じてます)

kaboompics.com_Glasses of Rose Wine.jpg

なので、レストランとかでも“モンプル”はオススメ。
赤で選ぶモノに困ったらけっこうな確率で
満足いくと思いますよ!

※ただし、繊細な料理にはイマイチ! お肉料理でも
 タリアータとか、あっさりめに仕上げられたものだと
 ワインの味しかしなくなります。


さて、評価なんぞを致しますと
【総合ポイント】8
【品種】モンテプルチアーノ ダブルッツォ
【TPO】パスタ~肉料理orワイン単品
【おつまみ】こってり肉系パスタ、赤ワインソース料理
【今回のシチュエーション】
深夜23時の近所のバーでおひとり
【コスパ】10
(数字評価は10段階)













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。